card

モンゴル大自然→モンゴル帝国の古都カラコルム遺跡を見学7泊8日間ツアー

旅行情報

カラコルムはモンゴルの13世紀時代の首都です。首都があった地域は昔からモンゴルのウイグル族、ゲレイト族がここで住んでいました。そのごろ、チンギスハーンが部族をまとめ、1206年にイフモンゴル国家をつくりました。チンギスハーンの死後オゴデイハーンが首都の建議をつづけました。

旅行内容:エレデネゾー寺院、カラコルム博物館、乗馬体験、本格的なノマデックショー、花ハイキング市内観光など。

  • 日数:7泊8日間
  • 交通:専用車、馬
  • ゲルキャンプ:4泊
  • 市内のホテル:3泊
  • ガイド:日本語ガイド
  • 出発期間:2019年5月から-10月まで

日程表

1日目:

  • NRT-OM501-UB 
  • ガイドの出迎えを受け、市内のホテルへご案内。

2日目:

  • 朝食後、専用車にてカラコルム遺跡へ向かいます。途中、ゲルキャンプにてお昼食をお召し上がって頂きます。引き続き大草原のドライブをお楽しみ下さい。着後、自由時間。

3日目:

  • 朝食後、旧モンゴル帝国の首都カラコルム市へ向かいます。世界遺産に登録さえれたエレデネゾー寺院、亀石などを見学。午後:遊牧民宅訪問し乳製品を味わう。乗馬体験もお楽しみください。

4日目:

  • 朝、専用車にてウランバートル市へ向かいます。途中、モンゴルノマデックショーを見学。見学後、ゲルキャンプへご案内。着後、自由時間。

5日目:

  • 朝食後、専用車にてウランバートルへ移動。着後、市内観光:チベット仏教寺院を見学。午後:歴史博物館、スフバートル広場を見学。

6日目:

  • 朝食後、テレルジ国立公園へ移動。途中、オボーや亀石を見学。
  • 午後:自由時間。希望の方は花ハイキング

7日目:

  • 午前、遊牧民宅訪問し乳製品を味わう。乗馬体験も可能。
  • お昼後ウランバートル市へ向かいます。着後、ショッピング。
  • 夕方:民族舞踊をお楽しみ下さい。

8日目:

  • 早朝、チンギス・ハーン国際空港へ移動。
 

旅行代金に含まれる物

  • ウランバートル市内のスタンダートホテルの宿泊代、専用車代、乗馬体験代、日本語ガイド料金、市内観光の入場料金、全食事代など。

 

料金に含まれない物

  • ホテルのルームサービス料金、チップ、アルコール飲物代金、マッサージ代金など。

写真集